WS0081662

鶴田法男監督・入江悠監督を新たな講師に迎え、スキルアップ講座を開催!


映画製作会社アジアピクチャーズエンタテインメント

アクターズスクール「Acvie」では、役者のための実践的なワークショップを開催しています。
5月より開講したワークショップ講座は多くの現役映画監督・舞台演出家・脚本家等が講師を努めています。
8月20日からは、鶴田法男監督・入江悠監督を新たな講師に迎え、俳優・女優のためのより現場で活かせるスキルアップ講座を開催致します!!


■鶴田監督より

「映画監督の鶴田法男でございます。私、ワークショップというのは初めてでございまして、
分からない所もあるんですが、普段、お付き合いをすることのない若い皆さんと何かをやっていくという事に期待しております。
私も新人講師として、皆さんと接してエネルギーを貰いたいと思っていますので、是非よろしくお願いします。」

■入江監督より
「初めまして、映画監督の入江悠です。今回、12月までの長い期間ですが、若い才能と出会えることを楽しみにしています。
映像に特化した演技というのを勉強していければと思っています。よろしくお願いします。」

鶴田法男プロフィール
映 画監督。1960年・東京生。
1991~92年に発売したビデオ映画『ほんとにあった怖い話』シリーズが、黒沢清、中田秀夫、清水崇、高 橋洋らに影響を与えた事から「Jホラーの父」と呼ばれる。同シリーズも「Jホラーの原点」として知られて、現在はフジ テレビの人気ドラマとして今年16年を迎えて巷では「国民的ホラー番組」と呼 ばれる長寿番組になっている。主な劇場映画『リング0~バースデイ~』(00)、『おろち』(08)ほか。近年は『恐怖コレクター』、『知ってはいけない都市伝説』、小説版『ほんとにあった怖い話』など児童向けホラー小説の監修作も多数出 版。また、毎年11月に開催される「三鷹コミュニティシネマ映 画祭」のスーパーバイザーも務めている。
主な作品:
トネリコ(1985年) – 脚本
リ ング0 バースデイ(2000年)
案山子 KAKASHI(2001年)
予言(2004年)
ほんとにあった怖い話~3D恐怖シアター(2005年)
ドリーム・クルーズ(2007年)
おろち(2008年)
王様ゲーム(2011年)
POV~呪われたフィルム~(2012年)
トー ク・トゥ・ザ・デッド(2013年) Z~ゼット~果てなき希望(2014年)
TV学校の怪談


入江悠プロフィール

映画監督。
2008年『SRサイタマノラッパー』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭グ ランプリ、日本映画監督協会新人賞。
同シリーズはインディペンデントながら異例のヒットとなる。
主な作品:
映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
『日々ロック』
『ジョーカー・ゲーム』
ドラマ『ふたがしら』など。
公開待機作に映画『太陽』。

 

リンク:ワークショップお申し込み専用ページはこちらから