会社と商品を映画で宣伝する! 映画に商品を出す!映画に自分自身が出演する!映画のエンドロールに名前を刻む!映画に関わって永遠に商品を宣伝する方法!現在、最新最先端の宣伝かつブランディング方法 それが、映画プロダクトプレイスメント! 代表の挨拶 皆様、はじめまして。株式会社ムービーステーション代表取締役の上野由洋です。 私は元々テレビ局員で、電通や博報堂ら代理店とともに、マ○ダ、大○製薬、KD○I、などなど大手企業の商品宣伝を担ってきました。全国ネットの番組でスタジオ出演もしておりました。商品宣伝のプロとして、現在の最先端の宣伝方法を皆さんにお伝えいたします。(右:代表上野の写真) テレビ局員時代の代表上野の写真 代表上野が大勢の前でプレゼンをしている写真 これまでの商品の問題点 ・どこにどういう宣伝をかけたらいいのかわかりにくい ・宣伝をずっと継続的にし続けなければならない。 ・宣伝をしても、なかなか商品の売上につながらない。 映画プロダクトプレイスメントとは! 下記の画像のように映画の中に商品を露出させることをプロダクトプレイスメントと言います。 (実際に映画プロダクトプレイスメントをしている様子を画像で説明)ざっと挙げるだけでも以下のような事例があります。 ETやスピードなどの有名映画を例に出して、プロダクトプレイスメントの具体例を説明 他にもまだまだあります! プロダクトプレイスメントの成功例 プロダクトプレイスメントで最も成功しているのはアメリカのApple社です。Apple社は2001年から2010年の10年間で、興行成績トップ334本の3分の1に当たる112本に登場。フォードの144本に次いで2位。コカ・コーラ(96本)や、マクドナルドとナイキの合計(92本)よりも多く、Appleのパソコンの米国家庭における普及率が15%程度だった当時、このプロダクトプレイスメントを駆使して成功企業となりました。 映画プロダクトプレイスメントのメリットとは! 【メリット1】映画というマスメディアに格安で露出出来る!通常、マスメディアの代表的広告と言えば、テレビコマーシャルですが、時間帯によりますが30秒CM広告で300万円ほどの費用が発生します。さらにテレビ局の厳しい企業審査がありハードルは高いものとなります。しかし、映画への露出はそこまでハードルが高いものではないにも関わらず、非常に多くの人に伝わります。 【メリット2】圧倒的信用度を得られる最強のブランディング!想像してみてください、有名な役者陣がうごめく映画の1シーンに自分のところの商品が出てくるところを。これ以上のブランディングはこの世の中でありません。圧倒的に信用力とブランド構築が可能となります。さらにCMのように宣伝動画ではなく、あくまでも自然に露出が可能です。今の時代、消費者も賢くなってきていてCMで宣伝されていてもそれはあくまでも宣伝だと割り切り、信用しません。いかに宣伝っぽくなく、宣伝するのかが鍵であり、そのための唯一の方法が映画シーンの中での宣伝なのです。 【メリット3】分かりやすい!商品を宣伝するときに、どこに何をどう宣伝するか悩む者ですが、「映画の中に商品を出す」というのは単純明快で悩みません。 【メリット4】宣伝効果が半永久的に残る!通常の宣伝では、次から次に宣伝を打ち続けないといけません。ところが映画だけはDVDにもなりテレビ放映にもなり、半永久的にDVDとして残り続けます。一生涯、「自分の商品がこの映画に出ているんです」と言えるようになります。 【メリット5】脳内麻薬を活用できる!脳内麻薬とは脳内で分泌されている物質のことで、この物質により快楽を得たりします。21世紀は商品を売る上でいかに消費者の脳内麻薬を刺激するかが鍵だといわれています。映画での商品露出は、「自分の見た映画ででてくるものを手にしたい」「あの有名な役者の時計が欲しい!」などと脳内麻薬を刺激する宣伝方法の一つです。 【メリット6】テレビCMの2倍の効果があると研究で証明済み。 企業にとっては、テレビCMに比べ、スクリーンを注視している観客には必ず自社商品を目に留めることができるという利点があります。さらにはストーリー上、好感を持って使われるシーンで登場すれば、自社商品の認知率、高感度は一定の上昇率を稼げます。ある調査によると、テレビなどの一般メディアに比べ映画でのプロダクトプレイスメントでは、2倍以上もブランド記憶率が上昇したと報告されています。今ではハリウッド映画にでてくるブランド系の商品や車などは、まずはこのプロダクトプレイスメント手法が使われているといっても過言ではありません。アメリカでは、プロダクトプレイスメント専門のエージェンシー(広告・PR会社)もあるそうです。このように残像効果が高く、忘却率が低いプロダクトプレイスメントの効果は、テレビCMでは得られないと考えられてきました。その理由は、観客は劇場に足を運び、お金を払って映画という作品を見に来ていることです。映画から得られる情報に対し、どん欲なまでに吸収しようとする観客の能動的な態度によるものだといわれています。また昨今、テレビ受像機や録画機械などに搭載された「CMスキップ」などの流行により、テレビCMの効力そのものが急降下しているため、新たな宣伝手段として日本でも活発化し始めています。 【注意!】どんな映画でもいいのではありません!!皆さん、注意してください。よく分からない映画に商品を露出しても意味がありません。ちゃんとした映画を使ってください。 皆さんへオススメの映画 現在、私が一番お勧めするのは映画「風の色(仮)」という映画です。 映画風の色のロゴ画像 【特徴1】豪華キャスト まだ発表出来ませんが豪華キャスト陣が出演します。キャストは非常に重要です。宣伝効果が変わってきます。誰もが知る有名豪華キャストです。主演の役者は中国でもツイッターのフォロワーが120万人以上です。 【特徴2】監督がアジアNO1のクァク・ジェヨン監督 アジア中で大ヒット連発の超大物監督です。日本でも韓国映画ランキングの1位と3位と4位を独占しているもはやレジェンドとでもいうべき監督で最新作は2014年12月中国で公開された「更年奇的な彼女」ですが、公開5日間で20億円350万人を突破して大ヒットとなり、その伝説は今も継続中です。 話題の韓国映画ランキング 上位がクァク・ジェヨン監督!韓国のスピルバーグと言われる所以です!! 韓国映画ランキング上位4位のうち、3つがクァク・ジェヨン監督の作品です。猟奇的な彼女、僕の彼女を紹介します、ラブストーリー 【特徴3】東京、アジアの中で人気の北海道が舞台! 今、北海道は中国人が最も大好きな場所であり、韓国人も同様であり、シンガポール人も同様。フィリピンでは北海道ロケテレビ番組が視聴率1位を獲得していて、タイも同様に人気です。アジア中から大人気の北海道が舞台!日本のみならず全アジア的にムーブメントが発生しています。北海道舞台がロケ地に入っていると、アジアや世界での配給が可能になるので、協賛企業にとってメリットが大きいです。 【特徴4】劇場公開は全世界! 「アジアNO1の監督」「豪華キャスト」「北海道舞台」ということで、この映画は全世界的に配給されます。そして、それぞれの国でテレビ放送、DVDとなると、影響人数はとてつもない人数となります。日本では200館上映を予定しており、134万人を動員予定です。テレビ放送で視聴率が10%だとすると1000万人が見ます。そこからDVDでさらに数千万人の人が映画を見ることになります。それが各国で巻き起こる可能性が高く延べで十億人に到達する予定です。参考までにクァク・ジェヨン監督の「猟奇的な彼女」 はTSUTAYAでの1983年からの累計DVDレンタルランキングにおいて、ラブストーリージャンルで堂々の第一位です。つまり日本でも名実ともにNO1の監督です。ちなみに2位はあのタイタニックです。 【特徴5】抜群の話題性を1年以上継続します!

この映画は監督のネームバリュー、1万人の大規模オーディション、主役の話題性、脇役のネームバリュー、その他様々な試み、アプリ、イベント、等々を官民一体で爆発させていきます!

話題の作品に関わることをぜひ味わってください!

北海道新聞
  • 東スポWEBの記事
  • 週プレNEWSの記事
  • 新聞記事オーディション
  • 風の色ヒロイン選挙の記事
  • 新聞記事
  • 新聞記事
  • 新聞記事
映画「風の色」のストーリー 脚本はクァク・ジェヨン監督本人で構想6年の大傑作!渾身の一作は、観客を一気に引き込み涙させる。東京で仲良く暮らすカップル、涼とゆり。しかしゆりが突如、自殺。 失意の中、涼はゆりそっくりの女性が北海道にいることを知り会いに行く。しかし、当然その女性は別の名前、亜衣だった。ところがその亜衣は涼に「会いたかった・・・隆・・。」涼「隆って誰だ・・?」涼は東京へ戻りゆりの母親を問い詰めると―「実は私は本当の母親ではない」と言う。北海道の亜衣は依然に涼そっくりの隆という彼氏がおり、その彼氏が行方不明になりそのショックで記憶障害を起こし東京の親戚の家で療養をしていたという。つまり亜衣はゆり本人だったのだ。しかし、亜衣にはゆりの記憶がない。どうすれば涼は最愛の人を取り戻せるのか。そして、もう一つの謎、「自分に似ている隆って誰なんだ・・・」運命の糸が絡み、本当の愛をたぐり寄せる。凍った時間を進め、流氷のように溶けない愛は実るのか。 どのようにすればこの映画「風の色(仮)」に関われるのか? 映画に関わり宣伝するための方法は― 協賛金でプロジェクトに参加することです。協賛金の金額によって、以下の5つのパターンがあります!参加すればHPや名刺などで「@@@社は映画“風の色”を応援しています」と表示可能です!すると、会社の信用度が一気に「大手会社」に見え、ブランディングが格段に進みます。メジャー映画に協賛をしている企業となります。さらに協賛金なので、損金計上となるため、法人の利益を税金でとられるよりは、一生、形の残る映画に変えておくというニーズは多いです。 【パターン】A,映画の中に出演OR商品を露出する B,映画の中のパネルに社名を印刷する C,映画のエンドロールに名前を刻む D,映画公開前に自社の関係者に特別試写会をする E,映画関連グッズの作成やチラシやポスターなど印刷物に関わる ※上記の値段は内容や商品により変動致します。 ※金額は30万円から1000万円の間です。※全てのパターンにおいてHP、名刺での協賛表示が可能です。 ※2015年年2月27日24時が一次〆切となります。お早めにご相談ください。 【想像してください】・メジャー映画を協賛してから始まる御社の新しい輝きを。 ・映画協賛から始まる、新しいご縁を。 ・ロケ地視察も可能。 ・世の中にムーブメントが起き、御社の信用力も格段に高まります。※上記の値段は内容や商品により変動致します。 ※金額は30万円から1000万円の間です。※全てのパターンにおいてHP、名刺での協賛表示が可能です。 ※2015年年2月27日24時が一次〆切となります。お早めにご相談ください。